甲子園歴史館ブログ

甲子園球場マウンド消滅

2010.12.18 Saturday
こんにちは。山です。

みなさま、タイトルに少しびっくりされたかと思いますが、
早速グランドの写真を見ていただきましょう。
お分かりになりますか?


従来のグランド写真はこちら↓


そうです。グランドの土が天然芝に変わっているのです。


実はこれ、明日開催される「第65回毎日甲子園ボウル」のために作られたアメリカンフットボール用のフィールドです楽しい

従来の甲子園ボウルのフィールドは、外野部分を横長に使用し、土の部分に芝生を植えることはありませんでしたが、今大会はセンターからホームベース方向にかけ縦長に使用しているので内野部分にも芝生が植えられているのです見る
縦長のフィールドで試合を行うのは、1989(平成元)年の日本大学VS関西学院大学戦以来、21年ぶりのことです聞き耳を立てる
ピッチャーが普段投球を行うマウンドも大会に合わせ、一時的に姿を消しているんですよ野球(マウンドは大会終了後、元の姿に戻ります。)

今年の甲子園ボウルの出場校は「立命館大学」と「早稲田大学」の一戦です祝

甲子園歴史館での甲子園ボウル優勝校に授与される「優勝杯」「パナソニック電工杯」の展示もいよいよ明日正午までとなりました。

明日にかぎり、甲子園ボウルの観戦チケットを持参された方は歴史館の入館料が100円割引となりますので、この機会にぜひお立ち寄りください嬉しい

明日のブログでは、甲子園ボウル当日の様子をお伝えいたします王冠

auther : 歴史館担当者 | - |