甲子園歴史館ブログ

甲子園球場と「ホットドッグ」

2007.10.30 Tuesday
こんにちは。甲子園球場リニューアル担当者ブログ、今回は、私@ミスターMが担当させていただきます。

先週から日本シリーズが始まりましたね。タイガースが出場していないのが少し寂しい気もしますが、両チームには日本一を目指して熱い戦いを期待したいですね。

日本一といえば・・海の向こうのメジャーリーグでも世界一をかけた戦いが繰り広げられ、先日は、松坂投手の投打の大活躍でレッドソックスが3連勝。その勢いで一気に4連勝し、世界一になりました。(いや〜ホント、強かったですねえ)

さて、そんなメジャーリーグを楽しむ観戦スタイルと言えば・・やっぱり「ホットドッグ」を食べながら、というスタイルでしょうか。
メジャーリーグでは各ボールパークがそれぞれのオリジナル(名物)ホットドッグを販売していて、観戦の際にはなくてはならない存在となっています。

例えば、レッドソックスの本拠地であるフェンウェイパークでは、下記「フェンウェイフランク」が定番メニューとなっていて、あのイチロー選手も大好物だとか・・



その他にもフェンウェイパークでは「ロブスタードッグ」も人気を集めて
います。
こちらはロブスターをふんだんに使用した贅沢な一品で、値段はなんと
2,500円!
それでも一日900個以上は売れる人気商品だそうです。



ボルチモア カムデンヤードの名物は、「クラブ・ケーキ・サンドイッチ」。

ボルチモアの特産物である「カニ」をほぐしてハンバーグのようにまとめたクラブケーキをバンズに挟んでタルタルソースをたっぷりつけて食べるのが定番だとか。



それでは、ここで問題です。日本で一番最初に「ホットドッグ」が販売された場所はどこかご存じでしょうか?

正解は・・・・なんと「甲子園球場」!

時は、1934年(昭和9年)。あのベーブ・ルースが大リーグ選抜のオールスターチームで来日し、11月24日、25日と甲子園球場で試合をした際に、日本で初めて「ホットドッグ」が販売されたと言われています。

当時の情報はあまり残っていませんが、ドイツ人のソーセージ職人へルマン・ウォルシュケ氏が、当時日本ではあまり食べられていなかったソーセージを普及させるため、日本で初めてホットドッグをつくって甲子園球場で販売したと記録されています。数年後には、日本国内で「ホットドッグ」ブームを巻き起こしたとも言われています。

当時は、日本への「ベースボール」の普及に加え「ホットドッグを食べながら・・」という観戦スタイルも同時に普及されていたんですね。

ただし、「ベースボール」は、日本では「野球文化」として着実に根付いたのとは対照的に「ホットドッグを食べながら・・」という観戦スタイルについては、日米の食文化の違いが影響したのか、それほど日本では浸透しなかったようです。

甲子園球場においても「ホットドッグ」はあまり定着せず、今も昔も「カレー」や「焼き鳥」が定番メニューの座を維持しています。

現在、甲子園球場はリニューアル工事の真っ最中ですが、同時に「食」のリニューアルの方も来春に向けて着実に進めており、お客様に喜んでいただけるような新メニューも続々登場する予定ですので、皆様どうぞご期待ください!!
auther : 歴史館担当者 | - |

工事現場を報道陣へ公開しました

2007.10.26 Friday
こんにちは。本日は森が担当します。

昨日のニュースや今朝の新聞でご覧になられた方も多いかもしれませんが、昨日10月25日に工事中の内野スタンドを報道関係者の方々へ公開しましたカメラ

お集まりいただいたのはテレビ、新聞、雑誌など各社、総勢60名程もの報道関係者の皆様!
心配だった雨も降らずひと安心です。

ただ、実際に作業がどんどん進んでいる工事現場というわけで、皆さん外野ライトスタンドから内野スタンドの様子をご覧いただくことになりました。
もちろん安全のため、全員がヘルメットをかぶったままの取材です汗
もちろん我々リニューアル担当者もヘルメットをかぶります。

内野スタンドは、スタンドにあった座席やバックネット、フェンス、そしてベンチやカメラ席なども全て撤去・解体された状態です。
報道陣の方からも「なんかもの悲しいなぁ〜」という声が聞かれました。
う〜ん、確かに・・・私たち担当者も、当初、座席が取り外されている光景を見た時には、何とも言えない寂しい気持ちになりました。

でもこれは、甲子園球場が生まれ変わるための通過点。
甲子園球場が無くなってしまうわけではありません!

解体作業だけではなくて、新しくお客様用のエリアとなる2階通路に出入りするためのハッチ(スタンドからの出入口)も口を開けていたり、フィールドシートというファウルグラウンドにせり出したエリアを作るための準備作業が行われていたり、着実にリニューアルは進んでいますよ!
auther : 歴史館担当者 | - |

リニューアル工事現場

2007.10.22 Monday
こんにちは。本日は松尾が担当します。

さて、リニューアル工事が始まって3週間。
日々、大きな音を立てながら球場大改修は進んでおります。

予定通りに工期を終え、無事来シーズンを迎えられるように急ピッチで工事は進んでおり、球場内外にはたくさんの大型車両が入り乱れている状況です。




当然、たくさんの職人さんが連日作業を行っているわけで、お昼時にはこんな光景も・・・



ほっかほっかのご飯にカレーが用意されたり、たくさんのおかずが工事現場では販売されております。

そんな工事現場の外周を、どこの工事現場にもあるように仮囲いがグルッと球場を囲んでいます。


日ごろ何気なく通り過ぎていたので気づかなかったのですが、よくよく眺めてみるとこんな表記が・・・


なんとこの仮囲いは、空気をきれいにしてくれているらしいです。リニューアル後の甲子園球場では太陽光発電を検討したり、雨水利用をおこなったりと環境対策に取り組む予定ですが、その心得は工事施工者にも浸透しているというわけですね。

これからもあらゆる面で地球に優しい甲子園球場でいたいものですね。
auther : 歴史館担当者 | - |

甲子園の歴史を保存

2007.10.18 Thursday
こんにちは。本日は森が担当します。

10月も下旬にさしかかりましたね。リニューアル工事は、来年3月の内野完成に向けて着々と進められています。そんな中、先日はベンチが保存されたというニュースをお伝えしましたが、今日はまた、甲子園球場の歴史がひとつ保存されたお話です。

以前の球場正面から少し1塁側へ歩いた所に、関係者用の出入口があったのはご存知でしょうか?球場の壁からつきだした形の出入口でした。

その入口を入ると、常に開かれた状態の鉄製の扉がありました。
実際にはもう扉としては使われていませんでしたが、実はこの扉には、銃弾の跡が残っていたのです。
接収されていた時代に米軍が試し撃ちをした跡だとか、西宮空襲の時に残った跡だとか、諸説言われていますが、いずれにせよ長い時間この場所にあった甲子園球場ならではの歴史を感じさせてくれる扉です。

作業では壁に付けられたレールから、扉が取り外されました。




こうして職人さん達の手によって丁寧に取り外された扉は、甲子園球場が歩んできた長い歴史を語り継ぐひとつの証として保存されます。
以前のベンチと同じく、球場が新しく生まれ変わった後で、皆様にもご覧いただきたいと思っています。
auther : 歴史館担当者 | - |

アオダモ

2007.10.15 Monday
みなさん、こんにちは。本日の担当は東です。

いよいよリニューアル工事が始まり、球場内の一部解体作業も始まりま
した。今年工事を行わないアルプスと外野も含めて、球場敷地全体が今
は一旦工事のエリアとなっていますが、そんな工事の進捗を、現場の片
隅から私たちと同様に見届けてくれているものがいます。



それはアオダモです(今回はわかりやすくお伝えするためにプレートの写真を掲載しました)。

アオダモは、堅いが弾性に富み、バット材に適していると言われ、日本で
使われている木製バットの半数以上の原料となっています。ちなみに同じ
アオダモでも、バットに適しているタイプとそうでないタイプがあるのだ
そうです。アメリカでは、アオダモではなくホワイトアッシュという木が
多く使われているそうですが、実は両者は同じ科に属するそうです。おも
しろいですね。ただ、アオダモの方がより軽く折れにくいということで、
日本人の大リーグ挑戦による影響もあってか、アメリカでもアオダモの
バットを使う選手も出てきているようです。

ただアオダモの数は絶対的に不足しているため、最近、いろんな球場でア
オダモの植樹がなされています。良くテレビなどでも取り上げられていま
すよね。そして、もちろん甲子園球場でもプロ・アマを問わず節目に植樹
がされており、そのアオダモを今回ご紹介いたしました。

このアオダモがいつの日か野球選手の手にバットとして収まるまで、甲子
園球場が野球の聖地でいられる球場となるようリニューアルしますので、
工事を見届けながら立派に成長してくださいね、アオダモさん。
auther : 歴史館担当者 | - |

思い出のベンチ

2007.10.10 Wednesday
こんにちは。本日は森が担当します。

さて一部の新聞で報道もされていたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、リニューアル工事が始まる前に阪神甲子園球場のダッグアウトで使用されていたベンチを、密かに運び出していました。

そして、そのベンチに阪神タイガースの監督・コーチ・選手からサインをいただいたんです!もちろん甲子園の中は工事中でもう入れませんので、先週末にタイガースが全体練習を行っていた京セラドーム大阪まで、ベンチを出張させていました。

そして皆さんのサインが揃ったベンチを持ち帰るため、昨日は再び京セラドーム大阪にお邪魔したのです。

ところがこのベンチ、めちゃくちゃ重いんです汗
しかも6人がけベンチだったため、長くてエレベーターに乗らず、階段をえっさほいさと、男性5人がかりで運びました。

なかなか大変な作業だったため、じっくりベンチを見るヒマがなかったのが心残りなのですが、なんとか作業風景の一部をカメラにおさめる事ができましたカメラ



・・・と、さも自分も運んだように言ってますが、私は戦力外。運ぶお役には立てず、せいぜいドアが閉まらないよう押さえている位でした。。


こうしてトラックに積み込まれたベンチは、甲子園球場まで運ばれました。
京セラドーム大阪から阪神甲子園球場まで、約40分のドライブです車

甲子園球場へ帰ってきたベンチは、敷地内で大切に保管しています。
一塁側のダッグアウトで、様々な熱戦を選手とともに見守ってきたベンチ。
岡田監督はじめタイガースの皆さんのサインが入ったことで、何よりの記念の品になりました。リニューアルが完成した後には、皆さんに披露できる機会がくると思いますので、その時を楽しみに待っていてくださいね!

※京セラドーム大阪の皆様には色々とご協力をいただき大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
auther : 歴史館担当者 | - |

バックネットもしばしのお休み

2007.10.05 Friday
こんにちは。本日は森が担当します。

今日は、リニューアル工事の現場、球場内へと行ってきました。
と言うのも、今日はバックネットの取り外し作業が行われていたのです。

バックネットは、縦に通ったワイヤーに固定されているのですが
2本のワイヤーの間には、2枚のネットが取り付けられています。
そしてその2枚のネット同士もお互い離れないように固定されているため
まずは、その固定を外す作業です。

その作業が終わると、2枚が同時にクレーンで持ち上げられました。

そして地面へと、ネットが降ろされます。

このネットは、来シーズンにも使用されるため、きちんと丸められて
来年までの間保管されます。



バックネットを間近で見られた事がある方はもちろんご存知だと思いますが、ステンレス製だという事、ご存知でしたか??
太さ3.2个離好謄鵐譽垢如¬嵬椶梁腓さは100mm×50mmなんだそうです。できるだけお客様の視界の邪魔にならないよう、黒い吹き付け塗装がされています。

ところでバックネットの歴史というのは、銀傘などと違ってあまり話題には上らないのですが、せっかくの機会なので少し調べてみました見る

まず昭和18年 開設当初から設置されていたネットを、銀傘(当時は鉄傘と呼ばれていました)の供出と共に撤去します。その後、昭和26年に銀傘が復活した際、バックネットも新たに取り付けられました。そして、昭和57年、現在のバックネットに付け替えられたのです。
この昭和57年、銀傘が今のようなアルミ合金製にふき替えられたのと同じ年なんですね。

・・・つまり!

バックネットの歴史は、銀傘の歴史と共に歩んできたと言えますね楽しい
甲子園球場のバックネットは、銀傘が供出されてから復活するまでの間を除いては、ず〜っと銀傘から吊されていたのですから、当然と言えば当然ですが・・・汗

このバックネット、高さ約25m、幅は裾の一番広い所で約32mあります。
これだけの高さのネットが、銀傘からスタンドへ下りているのも
思えば甲子園球場ならではの風景ですよね。

来年、新しくなった内野スタンドに再びお目見えするまでの間、バックネットは25年ぶりに、しばらくのお休みに入ります。
auther : 歴史館担当者 | - |

リニューアル、いよいよスタート!

2007.10.02 Tuesday
みなさん、こんちには。
今回のブログは大西がお届けします。

甲子園球場でのプロ野球公式戦が先月29日に終了しましたが、
リニューアルが始まるまで、一休み、一休み。。。と、いうわけ
にもいかず、ただちにリニューアル工事本格モードに突入しました!

そう、ついに半年にわたる今年度のリニューアル工事の「開幕」
です工具工具

まずは、工事に入る前の準備から。。。

今年度のリニューアルは内野エリアが対象になります。
従って、工事に入る前に内野エリア内の選手関係の部屋や、売店、
事務所および倉庫にあるすべての什器・備品を一旦、外部へ移動
させる必要があります。

広い、広い場内の荷物を、この限られた数日間で移動させなければなりません。
普段は野球用具で一杯のベンチ裏もご覧の通り、スッカラカンに。。


同時にスタンド面では、座席の取り外しが急ピッチで進んでおります。
まずは、イエローシートとオレンジシートから取り外され、最後にグリーン
シートが取り外される予定となっています。



長年お世話になった座席が、多くの職人さんの手によって、外野方面から
バックネット方面にかけて外されています。
昨日の時点では、イエロー、オレンジともほとんど取り外されていました。
はやっ汗

空っぽになった事務所や座席の無くなったスタンドを見るといよいよ
工事が始まるなあ・・という気分が高まります。

工事期間中、球場付近は残念ながら関係者以外立ち入り禁止
となりますが、リニューアルの様子はブログで随時お伝えしますので、今後ともぜひぜひご期待ください!



auther : 歴史館担当者 | - |

甲子園最終戦。

2007.10.01 Monday
こんにちは、永井です。
現在の甲子園球場で行われる最終戦が9月29日(土)開催されました。
終盤、別れを惜しむかのような涙雨が降り出し、試合もタイガースが敗れ、「有終の美」を飾ることはできませんでした。雨

それでも雨の中、多くのお客様に最後までご観戦いただき大変感謝しております!来シーズンは、内野席のみですが、一部リニューアルされた甲子園球場で皆様をお待ちしております。
是非、ご期待下さい!グッド


ということで最終戦から一夜明けた甲子園。

何をしているかといえば、保存用シートの撤去作業です。
以前、開催しましたシートオークションの座席も今回取り外しました。

最終戦終了12時間後に作業しなければならないほどリニューアル工事のスケジュールは、過密そのもの。汗(ご存知の方も多いと思いますが、工事のため甲子園球場でクライマックスシリーズ、日本シリーズは、開催できません。)

工事期間中は、球場職員も球場内には入れないため、球場事務所も一時仮住まいへと引っ越し準備中。そんな中、球場に保管されていた(ことも忘れていた)色々な物が出てきます。

これは、2003年タイガースのセ・リーグ優勝記念ポスター。もっと古い資料も多数発見されました。びっくり

前回のブログで紹介されたラッキーゾーンもそうですが、このようなお宝グッズ!?は、極力残す方向で考えていまして、リニューアル後は、皆さんにご覧頂ける機会を是非作りたいものです。見る
auther : 歴史館担当者 | - |