甲子園歴史館ブログ

「キャンプ直前!サンスポが斬る今年のタイガース」開催

2011.01.29 Saturday
こんにちは。永井です。
まだまだ寒い日が続いていますが、雪
昨日は、今年のセンバツ出場校も発表となり、
いよいよ球春近し!と感じる今日この頃です。野球

そんな中、本日歴史館では
『キャンプ直前!サンスポが斬る今年のタイガース』
を開催しました。拍手拍手
今年から歴史館では、各スポーツ紙さんに協力していただき、
月に1〜2回程度、トークショーを開催する予定ですが、
その先陣をサンスポさんに切っていただきました。工具

ゲストスピーカーは、サンスポさんの紙面の人気コーナー
(球団関係者も愛読者が多い)『虎のソナタ』などでも
お馴染みの大沢謙一郎デスクです。拍手
(昨年6月のイベントに続いて2回目の登場です!!)

ゲストが、大沢デスクに決まってから申込数もグッと伸びまして
定員数いっぱいまでお申込をいただきました。祝

さて今回は、キャンプイン直前にのタイガースを
サンスポさんの取材を踏まえて色々お話いただいたのですが
紙面に出てこない話も多くファンにとっては聞き応えのある内容だったと
思います見る

「真弓監督続投理由」「小林宏之投手獲得の裏側」などなどシーズンオフの裏話に加え、今シーズンの順位予想(願望も込めてのタイガース1位予想でした)やタイガース優勝の条件などなど内容充実の約1時間。

参加いただいたお客様にもご満足いただけたようで、また次回も参加したいというお声も多くいただきました。
大沢デスク及びサンスポ関係者の皆様、本当にありがとうございました。拍手

歴史館では、今後も定期的にこのようなイベントを開催する予定ですので
お楽しみに!





auther : 歴史館担当者 | - |

「吉田義男さんが語るタイガース2011年の期待」

2011.01.23 Sunday
皆さんこんにちは花
本日も大江が担当します女 珍しく、2回連続です楽しい!


さて、本日歴史館ではあるトークイベントが行われていました聞き耳を立てる
このブログを読んで頂いている方の中には、今日このイベントに参加された方もいらっしゃるかもしれませんね楽しい


本日行われたイベントは、
ABCラジオ「スポーツにぴたっと。」甲子園歴史館 がコラボレートした企画、
「吉田義男さんが語るタイガース2011年の期待」
という名のトークショーです拍手

↓こんなかんじで、トークショーは行われました子供


もちろんお話をしてくださったのは、”タイガースの永久欠番選手”
吉田義男さんです野球!!!

そしてそして司会進行をしてくださったのは、
「すぽーつにぴたっと。」月曜日に吉田さんとご出演されている
岩本計介アナウンサーです!



写真を見てお分かりいただけるかと思いますが、
実は会場は3塁ブルペンなんですグッドグッドグッド

お客様にはいつもラジオでお楽しみいただいているお二人のトークを、甲子園球場で生でお楽しみいただきましたときめき

楽しいお話をたくさん聞かせていただき、また質問タイムや記念撮影時間もあり、参加されたお客様は楽しい時間を過ごしていただけたのではないでしょうか桜



今後もこのようなイベントをどんどん行っていきたいと思いますので、
今日は残念ながら参加できなかった方も、今日ご参加していただいた方も、
次回のイベントを楽しみにお待ちくださいませプレゼント

歴史館のホームページは要チェックですよグッド





auther : 歴史館担当者 | - |

第2回理事会および定例報告会

2011.01.19 Wednesday
こんにちは、大江ですケーキ

久々のブログ登場です楽しい
毎日寒いですが、みなさんお元気ですか雪!?


さてさて本日は、17日に行われました歴史館運営会議の
第2回理事会・定例報告会の様子をご報告いたします花


会議では、2010年の活動報告や予算報告を行いました見る



まともな画像がなく、大変申し訳ありません…冷や汗冷や汗冷や汗
あまりわからないと思いますが悲しい
こんなかんじで会議は行われ、顧問の方々からは歴史館の運営について貴重な意見をたくさん頂戴することができましたグッドグッドグッド

またタイガースのOB会長が田淵さんから川藤さんに変わられ、
今回歴史館の顧問に就任された川藤さんからは、
「OB会として協力できることは最大限協力する」
と、とても力強いお言葉をいただきました男拍手


この会議の内容を十分に活かし、
野球がないときでも楽しんでいただけるようなイベントをたくさんご用意して、
皆さまのご来館をお待ちしております野球ハート




auther : 歴史館担当者 | - |

阪神タイガース選手のユニフォームde撮影会」開催

2011.01.15 Saturday
こんにちは。山崎です。

本日甲子園歴史館では、
阪神タイガース選手の実物ユニフォームを着て撮影いただける、

名付けて
「阪神タイガース選手のユニフォームde撮影会!

を実施いたしましたカメラ

ユニフォームはこちら↓

今回の選手ユニフォームは・・・

金本選手(ブラックユニフォーム)
城島選手(ブラックユニフォーム)
新井選手(ブラックユニフォーム)
藤川球児選手(2006年ホーム)
桧山選手(2006年ビジター)
下柳選手(2007年ホーム)

実際に着ていただいて撮影することが可能ですOK



本日は土曜日ということもあり、多くの家族連れのお客様で賑わいました猫
かわいらしい1ショットをご紹介グッド

ご参加されたみなさまありがとうございました楽しい


このイベントは、残り下記日程にて実施いたしますペン
1月16日(日)
2月11日(祝)、12日(土)、13日(日)
3月 5日(土)、 6日(日)
◆各日3回実施
11:00〜11:30 14:00〜14:30 15:30〜16:00

【参加方法】  
ご参加希望の方は、当日ダッグアウトレストにお集まりください。先着順に撮影をしていただきます。
※整理券の配布等はございません。
※着用できるユニフォームはお一人様1着、1ポーズのみ
※ユニフォームは予告なく変更になる場合がございます。
※ユニフォームの着用は無料です。
(ただし歴史館入館の際には、入館料おとな500円、こども300円が必要です。)

歴史館にご入館の方ならどなたでもご参加いただけますので、
カメラを持ってぜひお越しください!

auther : 歴史館担当者 | - |

甲子園歴史館で働いてみませんか?

2011.01.10 Monday
こんにちは。山です。

本日は成人の日となります。今年成人を迎える方は全国で約124万人とのことです祝
ご成人のみなさまおめでとうございます拍手

そんな新成人を迎えられたみなさまにも、ぜひ聞いてもらいたいお知らせです聞き耳を立てる

甲子園歴史館では現在、アルバイト募集中です。

応募要項は歴史館ホームページよりご確認ください。
※TOPページの「新着情報」
→「アルバイト募集のお知らせ【甲子園歴史館スタッフ】」をクリック
※掲出は募集人員に達し次第終了となりますのでご了承ください。

当然成人の方以外も、男女問わずにてご応募お待ちしております楽しい


人と接することが好き

人前で話すことが好き

野球が好き、興味を持っている


一つでも当てはまる方、お近くにいらっしゃいませんか?


この機会にぜひご検討ください王冠


auther : 歴史館担当者 | - |

高校球児による歴史館初詣

2011.01.05 Wednesday
こんにちは。山崎です。

年始の営業2日目を迎えます、甲子園歴史館家

今年一番最初にチームでご来館した高校は・・・





大阪市立桜宮高校のみなさまでした!




桜宮高校は昨年夏の大阪大会ベスト8の強豪校、今シーズン引退した矢野選手の母校でもあります男


桜宮高校野球部は新年を迎えると毎年、部活動の一環として、大阪市内の高校から甲子園球場を目指して歩く活動を行っていますジョギング

距離にして約25Kmびっくり
今回は約4時間かけて来館されたとのことです拍手

球場にたどり着いた後は、歴史館へ入館、



そしてスタジアムツアーに参加されました。

館内そして球場内を見学する際も、真剣な眼差しだったのが印象的でした
野球

最後にカメラを向けると・・・

この笑顔楽しい

長い距離を歩いて来たにも関わらず、疲れを見せないこの表情、さすがですグッド

聞くところによるとこの時期、甲子園球場を目指して歩く高校が他にも数校あるとのこと、

明日以降どんな学校が来るのだろうかと思いながら楽しみにしています男

各学校のみなさま、新年は甲子園球場・歴史館初詣と称し、目指してみてはいかがでしょうか。

一つ一つの積み重ねが実り、大会で良い成績が収められますようお祈り申し上げます桜
auther : 歴史館担当者 | - |

あけましておめでとうございます。

2011.01.04 Tuesday
新年あけましておめでとうございます。山崎です。
皆さま、どのようなお正月をお過ごしになられたでしょうか?

甲子園歴史館は開業2年目を迎えます。
気持ちも新たに本年も
スタッフ一同、頑張って参りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


さて、新年最初のブログということで、新年最初のイベント、
1月23日に行われます、
「吉田義男さんトークショー&甲子園球場スタジアムツアー」
のご案内をお伝えいたします。
詳細はこちら

キャンプスタートを目前に控えたこの時期、当イベントにてタイガースの総復習をされてはいかがでしょうか男

どうぞこの機会をお見逃しなく!


auther : 歴史館担当者 | - |