甲子園歴史館ブログ

伝統の継承

2008.08.29 Friday
はじめまして!本日は森田が担当いたします。
現場での研修を経て阪神甲子園球場リニューアルチームに加わらせて頂きます。今後ともよろしくお願いします。

さて、初登場のネタは何にしようかと考えた結果、高校野球時に初めて知った人の優しさを紹介したいと思いますグッド

先日、大盛況で幕を閉じた第90回全国高等学校野球選手権記念大会ですが、熱戦が繰り広げられ大会終盤は連日満員でした晴れ
入場券がすべて売り切れた際は、無料開放である外野席をご案内していますが、外野席にも座席数は限られており、どうしても着席できず階段に座っての観戦や立ち見のお客様が出てきます汗その際には例年お客様に協力して頂く「席詰め」を行います。
「席詰め」とは、満員に見えるスタンドでも、実は隣の方と間を空けて観戦しているお客様が多々おられます。暑い中での観戦で仕方ないのですが、一人でも多くのお客様に観戦して頂けるよう隣の方との席を詰めて頂くよう協力してもらいます。

スタンドに向かい

座席をお詰め頂きますようお願いいたします!

と、お願いすると心優しいお客様が一斉に詰めて下さいます。結果、なんと1つのブロックで100席ほど空くブロックもありましたびっくり私はこのご協力に非常に感動しました。ご協力本当にありがとうございました拍手
しかし、席詰めのご協力をお願いしても詰まらないエリアがあり、疑問に思い見たところ・・・


そうです。鉄塔で見えないエリアだったのです冷や汗
せっかく座席があるのにもったいないと感じる方も多かったのでは!?私もせっかくきて頂いたお客様に座席をご案内できず残念でした。
しかし、既にこのブログでも紹介されている通り、今オフの工事で鉄塔が上段に上がります。単純に考えてその分今夏より観戦可能な座席が増えるということなので、来年以降は一人でも多くのお客様に観戦して頂きたいです。

リニューアルで甲子園球場は新しいスタンドになりますが、優しさの伝統も継承できることを願っていますグッド
auther : 歴史館担当者 | - |

9月も近づいて・・・

2008.08.27 Wednesday
こんにちは。西浦です。
朝夕はめっきり過ごしやすくなりましたね月
季節の変わり目、体調など崩されていないでしょうか?

気付けば9月も目前・・・!
そんな中、我らがタイガースが甲子園に帰ってきましたね。
そして昨日は見事な試合をみせてくれましたっ拍手

9月の追加日程も発表され、甲子園では工事が始まる直前の9月末ギリギリまで、タイガースの試合があります野球
後半の試合は、今のところ、まだお席のある試合・席種もありますので、是非皆さん甲子園へ足を運んで、今の甲子園の姿を目に焼き付けてくださいねグッド

・・・というのも、10月から甲子園はリニューアル第挟工事をスタートするのです工具
今回の工事は、アルプス・外野エリアに加えて、内野席を覆う大きな屋根、お馴染みの「銀傘(ぎんさん)」の架け替えという大工事が待っているんです!!

これまでも銀傘の架け替えは何度か行われていて、今の銀傘は3代目。
来年からお目見えする新銀傘は4代目なんですね。
正確には、最初の屋根は「大鉄傘(だいてっさん)」と呼ばれていて、戦時中に供出されてしまったんです汗
それが戦後復活した際、ジュラルミン製になり「銀傘」と呼び名を変えたのでした。その後、昭和57年に架け替えられたのが、現在のアルミ合金製の3代目という訳です。

航空写真なんかで球場を見ると、この銀傘が甲子園らしい形を作り出しているのがよくわかりますね。

普段は何となく、鉄骨や柱の緑色のイメージが強いかもしれませんが、上から見るとやっぱり「銀」傘ですね。

阪神タイガースの応援とともに、この銀傘を見納めに・・・見る
是非、甲子園球場へ足をお運びください楽しい
auther : 歴史館担当者 | - |

高校野球が終わりました

2008.08.19 Tuesday
こんにちは。西浦です。

17日間続いた高校球児達の熱闘も昨日で無事、大会期間を終えました野球ご存知のとおり、北大阪代表の大阪桐蔭高校が見事、17年ぶり2度目の優勝に輝きました拍手

お盆休みも終わったでしょう月曜日にもかかわらず、46,000人の大観衆に見守られての決勝戦でした晴れ

写真は閉会式の様子ですカメラ

3回連続で取り上げさせていただいた今井先生にも、試合中の球場内でお会いすることができました。試合終了後、すぐに地元・群馬県へ戻られるという今井先生。決勝戦前日には、大会関係者の皆さんから寄せ書きや記念品が贈られたそうです。とても優しく、野球が、高校野球が、甲子園が、高校球児達が本当に大好きなんだと、お話を聞いていて、そのお気持ちがひしひしと伝わりました。今回、お話をお聞きできて本当によかったと思います。10年間、本当にお疲れ様でした女

さて来週26日からは、プロ野球の試合が始まります!
阪神タイガースには、本拠地へ戻っての本領発揮を期待したいですねグッド
auther : 歴史館担当者 | - |

高校野球ホームランボールの裏側★

2008.08.17 Sunday
こんにちは。西浦です。
夏の高校野球もいよいよベスト4が出そろい、ドラマも終盤へと向かっていますね野球

今大会でも数々のドラマを生みだしているホームラン!
今日はそのホームランボールについてのお話です。

実はこのホームランボールの裏側にも今井先生が関わっておられます見る

大会中、ホームランが生まれると、そのホームランボールは係員によって回収され、今井先生の元に届けられます。そして、今井先生はそのボールに、大会名、試合日、高校名、選手名を書きこみます。
そのボールは、試合終了後に各野球部の部長を通して、ホームランを打った選手本人の手に渡されるのだそうです拍手

夢舞台の甲子園、その場で生み出したホームラン祝
そのホームランボールは、選手にとって何にも代えがたい宝物のはず。

取材で今井先生に「本部委員のお仕事をされていて嬉しいことを教えてください」と質問した際、「自分が記録を書きこんだホームランボールが選手の手に渡ったとき、その選手がボールを通してどんな風に思うのかを考えると、とても大切な仕事をさせてもらっていると感じます。」と答えてくださいました女

ちなみに、残念ながらホームランボールが回収できなかった場合には、その試合で使用したボールに記録を書きこんで渡すのだそうです聞き耳を立てる

実は、取材前日の試合で智弁和歌山高校の選手が打ったホームランでは、ボールが回収できず、代わりにその試合で使ったボールに記録を書きこんで渡したそうです。
ところがその後、スタンドでそのホームランボールを捕球したお客様が、大会本部へそのボールを届けてくださり、代わりに渡したボールを本物のホームランボールと交換したとのこと拍手

これが、今井先生の元に戻ってきた代わりのボール。

こんな風に大会名などが書き込まれているんですね楽しい

ボールに記録を書きこむ時には絶対に間違えないように!
・・・と、慎重に丁寧に文字を書き込むという今井先生。

今井先生の手によって、しっかりと記録が書き込まれたボールは、その選手にとって生涯かけがえのない思い出の品となっているんでしょうねプレゼント

さて今日はいよいよ準決勝!
今日もまた思い出のホームランボールが生まれるのでしょうグッド
auther : 歴史館担当者 | - |

高校野球インタビュー風景の舞台裏

2008.08.15 Friday
こんにちは。本日も西浦が担当します。
昨日に引き続き、今井先生のお話を女

試合後に監督、選手がインタビューを受けている風景はテレビでもお馴染みですよねテレビ??
実はここでも、今井先生が活躍されているのですグッド
インタビューにあたっては、スムーズに取材が進むよう、報道関係と大会主催者の間で約束事が決められています。

今井先生は、このインタビューが混乱無く進むよう、手に持ったハンドマイクで注意を促しながら、現場を仕切っていらっしゃいます。

今井先生ご本人の登場です拍手

実はこのインタビュー風景が、球場のリニューアルに伴いこれまでと少し様子が変わったんです見る

これもテレビでお馴染み、試合後に選手がベンチから通路へと戻ってくるスロープ。

リニューアル前の甲子園では、このスロープを上がって右側に3塁ベンチのチーム、左側に1塁ベンチのチーム・・・という風に分かれていました。
そして、左右それぞれの通路でインタビューを受けたり、クーリングダウンのストレッチを行っていたんです。

それが現在、リニューアル後の甲子園では、両チームともスロープを上がって左の通路へ向かいます。

そして、試合に勝ったチームが奥のエリア、残念ながら負けてしまったチームが手前のエリアでインタビューを受けることになりました。
これは、勝利チームの方が先に通路に戻ってくるために奥、敗戦チームは甲子園の土を持ち帰ったりと、後から戻ってくるために手前・・・という風になっているそうです。

これが、インタビュー時に監督・指名選手が上るお立ち台です見る

先日ご紹介した姫路にある歴史博物館で行われた「夏・甲子園展」で展示されていた物が、戻ってきているんですね嬉しい

台の上にはテープで立ち位置もキッチリ表示されています。

そしてお立ち台の前にはカメラと照明がセッティングされています。


今井先生には、この場所でお仕事をする際に1つ、ご自身で気をつけていることがあるそうです聞き耳を立てる
お話したように、今年からインタビューを受ける場所が、試合の勝敗で決まるようになりましたが、今井先生は報道関係者に各チームのインタビュー場所をお知らせする際、「勝ったチーム」、「負けたチーム」という言い方はせずに、必ず「○○高校はこちらです」とご案内するそうです。
「全力で試合を戦いきった両チームには、この場で勝ち敗けなど関係ないんです」と今井先生は言います。
確かに試合後のインタビューを受ける選手の姿は、どちらのチームもグッとくる、また気持ちのよいものですよね女

ちなみにこのお立ち台の向かい側の部屋で、各チームがそれぞれクーリングダウンのストレッチを行います。部屋の中はこんな感じ・・・カメラ

ストレッチをする時には、部屋の隅に立てかけてあるマットを敷いて使います。

以前は通路で行っていたストレッチですが、今は部屋の中で落ち着いて行えるようになったのも、リニューアルで変わった点の1つですね見る

さて明日は、大会中に選手が打ったホームランボールの行方についてのお話です楽しいお楽しみに!
auther : 歴史館担当者 | - |

第90回記念大会の舞台裏を支える方々★

2008.08.14 Thursday
こんにちは。高校野球開幕以来、初登場の西浦です汗
いよいよベスト8が決定して盛り上がる第90回記念大会野球
前回はその舞台裏の一端をご紹介しましたが、今回はその続編です。

毎年数々の感動が生まれる高校野球。
その夢舞台を裏で支える本部委員のお一人、今井輝次先生を取材してきました。

元々、群馬県の高校で教師をされていた今井先生。
全部で4つの高校にいらっしゃったそうですが、その間、野球部の監督や部長をされ、その後、群馬県の高校野球連盟にいらっしゃったそうです。

そして本部委員として、ボランティアで大会のサポートをされるようになって今年で10年。実は、この夏の大会でご勇退だそうです。
そんな今井先生から、本当に色々なお話をお伺いできましたので、今日から大会終了まで、数回に分けて連載させていただきますグッド

今井先生の主なお仕事は出場チームのサポート男
多くの出場校や選手にとって、甲子園での大会は初めての体験です。そのままでは、どこに行けばよいのか、どうすればよいのか戸惑うことも多いはず汗
そこで、出場校が甲子園球場に到着してから、試合を戦い球場を後にするまでの間、チームが安心して過ごせるように様々なサポートを行いますグッド

他にも、試合前には各野球部の部長・キャプテンと打合せをしたり、各校応援団の責任者の先生へ、応援に関する約束事の確認や各種注意事項をお伝えしたり・・・と、大会中は毎日球場内で忙しくされています。

今井先生と同じようにお仕事をされている方は16〜17名いらっしゃり、皆さん全国から大会のサポートに来られています。今井先生も毎年、群馬県からいらっしゃいます。

毎日、朝早くから、試合終了が遅い時などは夕食の時間が午後10時をまわる事もあるそうショック
暑い中、体力的にはきっとしんどいお仕事のはず・・・汗

けれど今井先生は、自分にとっての夢舞台でもある甲子園で仕事ができる喜びと、球児達からもらう元気がとても大きい!と話してくださいました。
ご自身も学生時代は野球部に所属されていたものの、思うようには野球ができなかった経験が、高校球児達が精一杯がんばれるように裏で支えたい!という思いに繋がっているのだそう。なるほど・・・女


では、今井先生のお仕事現場を少しご紹介しましょう見る

ここは3塁ベンチ横にある部屋。
同じく本部委員の方が3名いらっしゃいました。

グラウンドが目の前に広がる、スタンドとはまた違った風景です!
リニューアル前にも同じような場所に部屋があり、皆さんはその部屋にいらっしゃったそうなのですが、リニューアル後の現在の方が、グランドが大変見やすいそうで、今井先生もお気に入りの眺めだとか楽しい

・・・おっ。双眼鏡がありますね。

これを使って1塁側のアルプススタンドを監視し、応援の約束事に違反していることがないか等を確認されているそうです見る
私も試しに双眼鏡を覗かせていただきました。なるほど、アルプスの大応援団がよく見えます。

ちなみに3塁側のアルプススタンドは、1塁側のベンチ横にある部屋から同様に監視をしています。

こちらの部屋はいくつかに区切られていて、他のブースにはグラウンドキーパーやお医者様もいます。

このすぐ隣は放送室。試合中なので部屋の中には入れませんバッド
という訳でドアの外から1枚。

写真には写っていませんが、ウグイス嬢がアナウンスをしているのもこの部屋なんですよ女

まさしく高校野球の舞台裏!といった感じのエリアです。
熱戦が繰り広げられる裏には、こんなにも多くの人たちがいるんですね。

この部屋を出た場所は、1塁ベンチ横の階段を降りてきた所。
この時はちょうどグラウンド整備のため、グラウンドキーパーがトンボを持ってスタンバイグッド


階段を駆け上がりグラウンドへ出ます。



私もちょっと後をついて、グラウンド整備の様子をパチリカメラ

選手達が全力でプレーできるよう、整備にも力がはいります!


さて、次は試合後の監督、選手がインタビューを受ける場所へ移動楽しい
そこもまた、今井先生のお仕事場なのです。

・・・が、そのお話はまた明日!お楽しみに拍手
auther : 歴史館担当者 | - |

90回記念大会の裏側では・・・

2008.08.12 Tuesday
こんにちは。本日は久々の登場、松尾が担当します。

北京オリンピック水泳も開幕し、テレビの前にへばり付いて、スポーツ観戦の夏休みを過ごされている方も多いのではないでしょうか。

北京オリンピックに負けない熱い夏の感動が日々起こっている甲子園野球
いよいよ大会も終盤で、大いに盛り上がっております。

グラウンドの熱戦の様子しか見ることができない全国の皆様に、本日は甲子園の外周の様子を少しだけ紹介男

まずはこの写真。
売店なか

どこの様子だかわかります?
実はこれ飲食を提供する基地なんですおでん。スタンドの暑さは一度来てみないと理解できないほど、夏の暑さに加え、選手の気迫と応援席の熱気でヒートアップしています晴れ。当然、水分補給は必須。ビールの味も格別ビール


空の容器が外周には並びます。
スタンドで大きな声を張り上げるビールの売り子も、この基地でビールを補充しスタンドに向かうんですよ嬉しい


続いて目に入ってくるのは、外周に並ぶ長蛇の列びっくり



これは次の試合の学校応援団の列なんです。試合と試合の間は約30分時計。この短時間の間に、時には4000人を越える大学校応援団の入れ替えをするんです!これはテレビには映らないですけど、凄いことなんです拍手

そして最後はこれ・・・。


この小屋はなんでしょう家
実はこれ皆さんがテレビでみている映像を編集したり、配信したりしているテレビ局の基地なんですテレビ。スタジオとかもあるんですよ女


朝早く晴れから遅くまで月、17日間も続く高校野球野球。NHKや関西のABCで放送されるテレビ中継は、放送局としても一大イベントなんです!
ご自宅のテレビ欄を見てみてください。何て言っても、北京オリンピックのテレビ中継並、いや時にはそれ以上の中継時間ですからねびっくり

あと1週間。今年はどんなドラマが待ち受けているのでしょうか。
ぜひ皆さん、生の甲子園熱気を味わってみませんか?

スタンド飲むおいしい生ビールビール、凍った水ソフトクリームは最高ですよ!
auther : 歴史館担当者 | - |

タイガース史料館の模様替え

2008.08.07 Thursday
こんにちは。永井です。
全国高校野球選手権記念大会が2日より開幕し、晴れ
甲子園球場には全国から多くのお客様にお越しいただいております。

そして今年は90回の記念大会ということで、
ライト1Fにあるタイガース史料館では、特別企画としまして
「夏・甲子園展 白球の記憶」を開催しております。聞き耳を立てる

館内では、90回の歴史を振り返る貴重な写真・展示品の数々が展示され、
朝日新聞社さんの特別版も配布しています。
入場無料なのでご来場の際は、是非お立ち寄り下さい。

その一方で、今まで展示されていたタイガース関連の展示品は、
プロ野球と高校野球の日程の間に、全て運び出しました。
その入替作業の様子を少しだけお見せしたいと思います。


タイガース関連の資料は、一点一点を美術梱包し、撤去しました。
そして高校野球関連の展示作業。。。


すでにHPなどで報告させていただいていますが、リニューアル工事の関係でタイガース関連の展示は7月27日を以て一時お休みとさせていただきます。

リニューアル工事中、展示品は、大切に保管し、工事終了後に新たなかたちで公開する予定ですのでお楽しみに。。嬉しい


auther : 歴史館担当者 | - |