甲子園歴史館ブログ

まもなく高校野球開幕!今年はどんなドラマが・・・?!

2007.07.27 Friday
こんにちは。リニューアル担当の松尾です。

プロ野球ペナントレースもオールスターゲームが終了し、折り返しましたね。タイガースも連勝スタートでいよいよ追撃体勢に入ったようで、これからが楽しみです。

楽しみといえば、今まさに“甲子園”を目指した熱い戦いが全国各地で繰り広げられていますね。徐々に出場校も決まり、昨年の“ハンカチ王子”に引き続き、今年はどんな甲子園劇場が繰り広げられるのでしょうか。

全国の高校球児が3年間の思いをぶつけて頂点を目指すわけですが、その頂にたどり着くのは当たり前ですが1校だけ・・・。


みなさん、これをご存知ですか?甲子園周辺にお住まいの人以外にはあまり知られる機会は少ないですが。。


「第1回全国中等学校優勝野球大会 優勝 京都二中」
そう、夏の高校野球の第1回大会の優勝校を記載したプレートです。上部は野球ボールを模したモニュメントになってるんですよ。

実は甲子園球場バックスクリーン裏に酒蔵通りという道があり、そこに第1回優勝から昨年までの優勝校名を記載したモニュメントが並んでるんです!


これはK・Kコンビこと桑田・清原の大活躍で優勝したときのPL学園のもの。


もちろん“決勝再試合”“ハンカチ王子”“マー君”と何かと注目を浴びた昨年の早稲田実業のモニュメントもありますよ



毎年一つずつ増えていくというわけですね。実はこのモニュメント、阪神甲子園球場が製作しているわけでも、高野連が製作しているわけでもなく、西宮市が優勝校を称えて(?)やっているらしいです。

一つ一つのモニュメントの中にはたくさんのドラマが秘められているというわけです。今年はどんなドラマが生まれ、どの高校の名前が早稲田実業の横に並ぶのか?!

皆さんも甲子園にお越しの際は、思い出深い優勝校を探してみるのも良いかもしれませんね!

auther : 歴史館担当者 | - |

甲子園バックステージツアー募集中です★

2007.07.27 Friday
こんにちは。森です。

今週は本当に暑い日が続きますね〜。
東も書いているように、もうすぐ高校野球野球夏本番です晴れ
このブログタイトルの本家本元、朝日放送「速報!甲子園への道」も今まさに盛り上がってますね。

さて、今日の話題は「阪神甲子園球場バックステージツアー」です。
シートオークションは、テレビでも取り上げられたり、新聞での扱いも大きかったので皆さんご存知かもしれませんが、実は「バックステージツアー」も大きな目玉イベントなんですよ!

150組300名のお客様を、その名の通り球場の裏側(バックステージ)へご案内しちゃいましょう、というこの企画。
実は球場が80周年を迎えた3年前や、昨年のタイガースファン感謝デーでも実施していました。ファン感謝デーの時は私もツアーの様子を見学しましたが、グラウンドレベルやベンチなど、普段では絶対入れない場所に行ける!という事で、参加者の皆さんもテンション上がりっぱなしのご様子でした。

現球場の姿が見納めとなる今年(しつこい・・)
ということは、現球場でのバックステージツアーもこれが最後です。
他のドーム球場などのように、普段見学ツアーを実施していない甲子園にとっては、球場の裏側にお客様をご案内することは、色々と難しいことも多いのですが、最後のスタジアムツアー!!という事で、何とかこれまではお見せできなかった場所もご案内できないか見ると、準備を進めているところです!

応募は8/2(木)まで受け付けていますので、今からでも是非、応募してみてくださいねっ!!
詳しくは、リニューアルスペシャルサイト、トップページのバナーからPC


余談ですが・・・球場の裏側と言えば、阪神電車の駅や電車に掲出しているイベントの告知ポスター。どこの写真かすぐにわかりましたか??
正解は1塁ベンチの中からグラウンドを見た絵です。

ベンチ裏

この写真も同じような角度から撮影したものです。
ベンチっていつもは正面からしか見ないですもんね。
バックステージツアーならこんな風に、いつもとは違う角度から甲子園を見ることができますよ!
auther : 歴史館担当者 | - |

まもなく高校野球です

2007.07.23 Monday
みなさん、こんにちは。担当の東です。
さて、プロ野球は、オールスターブレイクも終わり、後半戦がまた始
まります。タイガースにとっては過酷な長期ロードの始まりですが、
甲子園にとっては、高校野球の夏の選手権大会の季節でもあります。

今年は8月8日から15日間、甲子園球場は高校野球一色に変わります。
ご存じの方も多いと思いますが、プロ野球の甲子園と、高校野球の甲
子園では全く別の雰囲気があります。その違いを実感しに、ぜひ高校
野球にも足を運んでくださいね。

甲子園で活躍した選手たちは、例年、夏の選手権大会終了後に、選抜
チームを組んで海外の高校生と試合を行っています。また大学野球で
も同様に選抜チームが海外の大学生と親善試合を行っています。今で
は、日本人のプロ野球選手が海外で活躍するというのがあたり前のよ
うになってきていますが、プロに限らず、アマでもこういう交流があ
るのを見ると、プロ・アマ問わず、野球というスポーツの裾野の広さ
を実感しますね。

余談ですが、このブログをご覧の方の中には、先日行われたアメリカ
大リーグのオールスターゲームをご覧になられた方もいらっしゃるか
と思います。今年は、イチロー選手が大活躍で、MVPを取っていました
ね。でも何かイチロー選手に限らず、大リーグの選手って真剣に試合
しているなぁと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。それ
もそのはず、アメリカのオールスターゲームでは、勝ったリーグにワ
ールドシリーズの本拠地開催特権が与えられるため、監督、選手とも
に結構真剣勝負なんです。

プロでももちろんですが、毎試合毎試合がそれ以上に真剣勝負の高校
野球。今年はどんな名勝負が行われるのかとても楽しみです。
auther : 歴史館担当者 | - |

甲子園のメモリアルDVDが発売されます☆

2007.07.18 Wednesday
こんにちは!今週2度目の森です。

さてさて、甲子園ファンの皆様にニュースです!
7月20日(金)「THE HANSHIN KOSHIEN STADIUM〜大正・昭和・平成 悠久の時を経て〜」というDVDが発売されます。

このブログではしつこく言い続けてますが、現在の球場の姿というのは今シーズンで見納めなんですね。
そこで!現在の球場の姿を美しい映像にとどめておこう、という思いから制作されたのが、今回のDVDなのです。(株)阪神コンテンツリンクと朝日放送さんの共同で制作されました。

大正13年の竣工以来、80年以上に渡る歴史の変遷が見える過去の映像や写真も見ごたえがありますが、「えぇ〜、甲子園の中にこんな所があったんやぁっ!」と驚くこと必至の貴重映像も数多く収録されていますよ。
球場関係者が試写をした時には、自分達の思い出が詰まった場所がたくさん入っていて、とても喜んでいました楽しい

スコアボードの中、なんていうマニアックな映像もあったりします。

少し前に永井が紹介していた貴賓室も収録されています。
この撮影には立ち会っていたのですが、室内にレールを敷いてカメラをスーっと滑らせるような機材も使って、かなりキレイな映像が収録されています。昭和初期につくられて以来、一般公開された事がない場所ですから必見ですよ。

球場の中身を余すことなく見せてくれるこのDVD。
思い出に浸れるとともに、新たな発見があること間違いなしです。
個人的には、アナウンス中のウグイス嬢の映像が、かなりレアではないかと思ってます女

私の手元にもサンプルが届きました。


初回限定で球場竣工当時のポストカードも入ってますよ。


パカっと開けるとこんな感じ・・


お値段は3,990円(税込)。阪神甲子園球場の売店や、ショップアルプス、阪神百貨店ほか全国主要書店などで販売されます。
auther : 歴史館担当者 | - |

球場外に座席が登場

2007.07.17 Tuesday
こんにちは。森です。

台風一過。九州地方での被害の様子をニュースで見ていて、阪神間にもいよいよ来るぞっ!と警戒していたら、日曜朝の穏やかな天気に驚きました。

さて先週は金曜、土曜と雨で試合中止が続いてしまいましたね。
実は、現在開催中の内野席シートオークションで、シートサンプルを金曜日から展示する予定だったんです。
それが試合中止で延期になり、先日の日曜日に初展示を迎えました拍手



球場1塁側、以前ショップアルプスがあった前辺りに、トラッキー&ラッキーと並んで、座席がずらっと並んでいます。
この右側に見える黄色い2席がオークションのシートサンプル。
そして、左側に6席並んだ緑色のシートが、来年春から登場する新座席の見本です。(緑色がツタ柄シートの中で保護色になって、ちょっと写真では見にくいですね・・・)

オークションのサンプルは残念ながらお座りいただけないのですが、新座席の見本は「ご自由にお座りください」楽しい
3連休真ん中の日曜というだけあって、小さなお子様からお年寄りの方まで、たくさんの方にお座りいただきました。

オークションサンプルは8月2日(木)の入札締切日まで、新座席は9月まで、阪神甲子園球場でのプロ野球の試合開催日に、開門時間〜試合開始後1時間、展示しています。
試合中止や雨が降ってきた場合には、展示しないこともありますのでご了承くださいね汗
auther : 歴史館担当者 | - |

ご自宅が甲子園に!?

2007.07.10 Tuesday
 こんにちは、永井です。タイガースは、上位2球団との連戦が続き、週末からは甲子園球場での6連戦と正念場を迎えます。天気が心配ですが、上位を叩き、一気に浮上を狙いたいところです。

 さて今回は、今日のスポーツ新聞をはじめとした朝刊にも掲載いただきました「シートオークション」のことに触れたいと思います。
 アメリカのスタジアムでは、頻繁におこなわれているこのシートオークションですが、決定までかなり紆余曲折しました。
 最大の問題は、販売数でした。少しでも数多くの座席を後世に残したいですし、多く販売できれば、価格の高騰も避けられると考えていたのですが、当初の予定数よりは、かなり減ってしまいました。というのも、甲子園球場のリニューアルは、工期がオフシーズンに限られていて、非常に過密な工事スケジュールであることから、製品として取り外せる数が、かなり制限されてしまったのです。本来ならば、大型重機などで一度に取り壊してしまう座席部分を製品用として1セットずつ脚下から取り外すのですから、なかなか手間と時間が掛かる作業でして、ギリギリ調整した結果、最終的に20セット(40席)となりました。

 シートの色・タイプは、お好きなタイプを選んで入札していただけますが、特に来シーズンから長年親しまれたイエローシート、オレンジシートは、ツタ色をイメージしたアイビーシートと替わるので価値があるかもしれません。
 このシートオークションの収益金ですが、売り上げは、昭和初期に造られて球場の貴賓室を飾ったシャンデリアをはじめ、球場の歴史を刻んだ品々の保存費用に役立てます。

 貴賓室(上下写真)は、昭和4年に造られ、昭和12年の改築を経て、ほぼ現在と同じ内装となりました。主に皇族の方々の観戦時や高校野球期間中の主催者・来賓用の部屋として利用しています。戦後、球場が、アメリカ軍に接収された際は、軍司令部の宿舎としても利用された歴史もあります。大正時代のモダニズムが醸し出す雰囲気と昭和初期製の家具調度品は、熱狂するスタンドの内側とは思えぬ「静」の空間です。この部屋をはじめ、80年余年の歴史を刻んだ甲子園球場の一部を保存する費用に充てさせていただきます。

 最近は、映画館のシートを自宅に設置し、ホームシアターを楽しむ方もいらっしゃるらしいのですが、是非、ご自宅に甲子園球場のシートを設置し、球場にいる気分で野球観戦をお楽しみ下さい!
auther : 歴史館担当者 | - |

このスロープ、見たことあります?

2007.07.06 Friday
みなさん、こんにちは!
今回のブログは大西がお届けします。

7月に入って日中は暑くなってきましたね〜。夏ですねえ晴れ
そうそう夏と言えば、約1ヶ月後には甲子園球場で「第89回全国高等学校
野球選手権大会」が始まります。
いま各地では、全国の高校球児が甲子園球場を目指して熱い戦いを
繰り広げているものと思います。

ということで、今回は高校野球に縁の深い場所をパチリ・・・カメラ


さて、このスロープはいったい何だかお分かりでしょうか?
分かった方は甲子園検定1級です!・・・いや準1級くらいかな。
ちなみにそんな検定はありませんので悪しからず。

このスロープ、下って行くと1塁側のダグアウト、さらにはグラウンドに
通じています。
でも、このスロープがお分かりになった方は、むしろ「上り」の映像をご記憶の方ではないでしょうか?

そう、高校野球の試合終了後、両チームの選手がグラウンドから引き上げて、このスロープを上り、プレス会見場所に移動しているんですね。

勝ったチームは意気揚々とスロープを上り、負けたチームは
悔しさをにじませながら重い足取りで上って来る・・・。そんな
対照的な映像を高校野球のテレビ中継でご覧になったことはござ
いませんか?

同じスロープではあるけれど、悲喜こもごも、勝者と敗者では全く意味合いが変わってしまう・・・。ゴルフの全英オープンが開催される「セントアンドリュース」の18番ホールにあるSwilken Bridge(嘆きの橋)になんとなく似ているような気がします。

幾多もの高校球児を見続けてきたこのスロープ、リニューアル後もこの風景は残される予定です。

残念ながら、関係者以外はこの場所に立ち入ることはできませんが、この夏、高校野球試合終了後のテレビ中継にも注目されてはいかがでしょうか?

きっと、勝っても負けても爽やかな高校球児の表情に出会えると思いますよ!楽しい






auther : 歴史館担当者 | - |

リボン状LEDボードって?

2007.07.05 Thursday
こんにちは!森です。ちょっとご無沙汰してしまいました。。
いつの間にか7月ですね!いよいよ夏が来たっ!という感じでしょうか。

さて今日はリニューアルについてのお話を。

2008年オフの第挟工事では銀傘が新しくなりますが、その時に「リボン状LEDボード」という新しい映像装置が設置されるんです。
メジャーリーグの球場では非常にポピュラーになっているそうですが、日本の野球場では今の所、フルキャストスタジアム宮城に設置されているのみという、非常に珍しいものです。

甲子園球場に登場予定なのは、高さ約1.2m×幅約250mという非常に大きなもの!リボン状というだけあって、横に長〜〜いLEDの画面に動画が映せるんですね。

・・・と言葉で説明してもなかなかイメージが湧きにくいのが、このリボン状LEDボードの辛い所汗

という事で、なんとリニューアル後の球場の予想図に、CGでリボン状LEDボードの動きを表現してみましたよっ!



こんな感じ。
なんとなくカッコ良さそうな事は感じていただけるでしょうか・・・?

ここでは静止画しかお見せできませんが、実は、現在球場のビジョンで放映中のリニューアル告知VTRでは、動いているCGがご覧いただけるんです拍手
告知VTRは以前から放映していたのですが、どうもリボン状LEDボードの良さが伝わりにくいっ!という事で、昨日放映分から、リボン状LEDボードの部分だけを差し替えているんですグッド

2009年シーズンからは、このリボン状LEDボードがドドーンと甲子園球場に登場しますので、是非ともお楽しみにっ
応援が今以上に盛り上がる事、間違いなしですねっ!
auther : 歴史館担当者 | - |