甲子園歴史館ブログ

桧山進次選手、マット・マートン選手展示の紹介

2016.02.18 Thursday
こんにちは、室井です。

プロ野球はキャンプシーズン真っ盛りですね楽しい
今週あたりから、紅白戦や練習試合などの実戦が始まり、
いよいよ球春到来ですね!!

さて、甲子園歴史館では、
2月の始めにメンテナンス休館を行いました。
本日は、その一部を紹介したいと思います。

本日紹介するのは、、、
タイガースを支えた2名の名選手の展示ですびっくりびっくり

まずは、1人目・桧山進次元選手の展示です楽しい楽しい





桧山選手といえば、「代打の神様」というイメージが
強い選手だと思いますが、若手時代より4番打者としても活躍し、
22年もの間タイガースを支え続けました。
この記録は、タイガース史上最長の在籍年数となります嬉しい

写真にあるバットは、現役最後の打席となった
2013年のクライマックスシリーズでホームランを放った時のバットですグッド


そしてもう一人、マット・マートン選手です嬉しい嬉しい







マートン選手といえば、入団した2010年に
シーズン214安打の当時の日本記録を達成しました楽しい楽しい

他にも、首位打者のタイトルや、史上初の6年目で1000本安打を達成など
タイガースの中心打者として輝かしい成績を残しました嬉しい

マートン選手のユニフォーム、バット、バッティンググローブ
シーズン安打記録を記録した時のトロフィーなどを
展示しております楽しい

是非、ご覧下さいませびっくりびっくり
auther : 歴史館担当者 | - |